重度の膝の痛み

今回は重度の膝の痛みに関して書いていこうと思います。

膝の変形などが出てくると、関節の曲げ伸ばしに支障が出てくる

事が多くなる傾向があり変形のグレードも4つの分類に分けられます。

もっとも変形が強い分類4だと、ほとんどの場合手術を薦められ

られます。(この状態まで来ると手術療法が基本と言われるため

です)

しかし、手術は避けたいと思われる方も一定数いるのが現状です。

その時私たちができることは何だと思われますか?

変形をどうにかすることは、私たち手技療法をメインにしている

者にはできません。(それは基本的に医師の仕事の範疇です)

私たちがやるべきことは”今の変形の状態の中でも、できるだけ

膝への荷重負荷を減らしてあげること。”

まずグレードの分類の説明ですがレントゲン上

1,大きな変化は見られないが、変形性膝関節症が

疑われる膝の状態。骨棘(こつきょく)、または軟骨下に骨硬化が

みられることがある。

2,膝関節の隙間に若干の狭小がみられる状態(初期の段階)。

骨の変形はないが、わずかに骨棘の形成が確認できる。

3,膝関節の隙間が半分以上に狭小した状態(進行期)

骨棘の形成や骨硬化がはっきりと確認できる。

4,膝関節の隙間の狭小がかなり進行した状態(末期)

大きな骨棘が形成され、骨の変形も顕著に認められる。

基本的にグレード1-2に関しては運動療法やインソールで痛みの変化は

かなり変わりやすいです。

特にグレード2の患者さんは歩行が崩れやすくなっている方が多いので

私たちのような職業の人間の介入が非常に重要になります。

グレード3以降になると動かせる範囲の制限も強くなり、手などによる

施術でどうにかなるレベルじゃなくなってきます。

グレード4に関しては痛みを取り除くために手術をしたほうがいいケース

も多いです。

ですので、まずはグレード3以降にさせないようにすることが重要です。

進行してくると患者さん自身も大変ですしね。早めの対処や相談が大切です。

 

からだメンテナンス整体院